保湿が大事な赤ちゃんの肌|乾燥しやすい肌質だから気を付けて

家族

育児のために1つは必要

哺乳瓶

事前に使ってみよう

哺乳瓶は母乳で育児を行おうと思っているお母さんにとっても、病気の時や何らかの都合で赤ちゃんを置いて外出しなければいけない時などのために、1つは持っておきたいものです。母乳育児でめったに哺乳瓶を使わないお母さんの場合、たまに使わなければいけなくなるとどうしていいのか慌ててしまいます。事前に一度は哺乳瓶を使ってみて、実際に使わなければいけない時に赤ちゃんが全く飲まないという事態にならないような注意が必要です。特に乳首の部分に関しては素材や大きさ、穴のサイズによって赤ちゃんの好き嫌いがわかれることも多いです。まずは購入した哺乳瓶についているものを試してみて、うまく飲めない様なら別の乳首部分の購入を考えるようにしてみましょう。

乳首部分をチェック

哺乳瓶は進化しており、赤ちゃんのため、そしてお母さんのために各メーカーがさまざまな工夫を行っています。特に乳首の部分は購入時によく考えておきたいポイントです。母乳をメインに育児をしていて、急な事態の時のために哺乳瓶を用意しておきたいという場合には、なるべくお母さんのおっぱいとよく似た間食のものを選ぶと良いといわれています。「感触が違う」ということは、赤ちゃんにとって混乱を引き起こす原因になってしまい、哺乳瓶で飲むのを嫌がってしまうことがあるからです。おっぱいを飲むときと同じような口や舌の動きができる、というタイプの乳首部分が販売されていますので、それを選択してみると赤ちゃんがスムーズに哺乳瓶でミルクを飲んでくれる確率が高くなります。