保湿が大事な赤ちゃんの肌|乾燥しやすい肌質だから気を付けて

乳児

保湿で肌を強くしよう

ベビー

5分以内が大事

赤ちゃんの皮膚はとても薄い上に、皮脂の量が大人よりも少ないため、乾燥肌になりやすい状態です。特に、赤ちゃんをお風呂に入れる時には、いくつか注意しておきたいことがあります。まず1つに、赤ちゃんの体を洗う時は、優しくなでるように洗ってあげることが大切です。綺麗にしてあげようとして、よくスポンジやボディタオルなどでゴシゴシと洗ってしまう人がいますが、スポンジなどの摩擦によって肌が傷つきやすくなることがあります。それによって、肌を守る皮脂を余計に洗い流しすぎて、乾燥肌になってしまうことがあるので、気をつけると良いです。また、入浴後はすぐにタオルで水分を拭き取り、保湿クリームをしっかり塗ることが大事です。赤ちゃんは入浴後5分以上経つと、水分が奪われていくので、入浴後5分以内に保湿するよう心がけます。

病院に相談することも大事

もし赤ちゃんの肌がカサカサした状態が続いて改善されない場合は、湿疹が出やすくなることがあります。乾燥して赤ちゃんが掻いてしまうと、湿疹が酷くなる場合がありますので、心配なら病院に相談することも方法の1つとしてあります。病院では、市販の保湿クリームよりもさらに保湿力の高い塗り薬を処方してくれます。痒みができている箇所に塗るようにすれば、乾燥した肌の状態も徐々に改善し、痒みも治ってくることが多いです。なお、病院でも乾燥肌にさせないように、日頃からの赤ちゃんのスキンケアの仕方を丁寧に教えてくれる所がありますので、疑問点があれば、積極的に医師に聞いてみることも大切です。肌が強くなると、様々な病気の予防にもなりますので、毎日のケアに力を入れることが大事です。

生まれてからの飲み物

水

赤ちゃんに水を与える時期は、3ヶ月後から半年後位が適当だと言われています。水道を飲ませる時には煮沸してから冷ましてあげましょう。ミネラルウォータやウォーターサーバーを利用する時には、赤ちゃん専用のものを飲ませるのが良いでしょう。

紫外線から守るために

婦人と赤ちゃん

夏場は特に紫外線が強く、赤ちゃんの肌にもダメージがくるので、日焼け止めをしっかり塗ってあげるようにしましょう。また最近は、虫除け効果も兼ねた日焼け止めもあり、とても人気です。外出時は常に携帯して、こまめに塗ることが大事です。

育児のために1つは必要

哺乳瓶

哺乳瓶は母乳育児を行うお母さんであっても、1つは用意しておきたいものです。母乳をメインにしている赤ちゃんの場合、哺乳瓶の乳首の部分の好き嫌いによってミルクを飲んでくれなくなることもありますので、購入の際には十分に注意しておきたいポイントです。